名刺

サイトマップ

名刺の英語表記について

私の会社では国内の業務であろうとも今は、名刺の裏面には英語表記を行うことが基本的なルールになっています。システムで名刺を発注する際に、裏面の英語表記を考えたときに多少高くなることは会社としてもコストにつながるのですが、何よりも名刺を渡す企業が国内のお取引であってもグローバルのイメージを少しでもインプットしようというのが狙いです。
といってもこのコストアップは100枚プリントしても100円もかからないので今のグローバル企業を目指す会社としては当たり前のコスト、品質として捕らえたほうがいいのかもしれません。 実際に海外勤務になれば、日本語の名刺は持たず、英語表記の片面印刷をしていることもあります。
そして、問題は多種多様な職場がある中、英語の職場、職制表記についての問題です。実際には本社の総務部門があらゆる職制や職場を想定してプルダウン形式で選べるようにしておくべきですがなかなかそこまでカバーすることも難しいところです。 各職場で英語に精通した人間や、ネイティブにヒヤリングを行った上で英語表記については検討を進めているといったところでしょうか。しかし、この流れが間違いなく続くことに変わりありません。

個人の名刺は名刺印刷業者の利用が便利

会社勤めの方なら持っていることの多い名刺ですが、フリーランスの方にとっても情報を効率的に伝えることができるアイテムとして最近注目されています。 しかし会社に努めている方の名刺と違い、フリーランスの方の名刺には決まったひな型が存在しません。 デザイン系のお仕事をされている方なら自身で作成するという方法もありますが、それ以外の業種の方にとって名刺のデザインに困ることが少なくないでしょう。…

名刺の英語表記について

私の会社では国内の業務であろうとも今は、名刺の裏面には英語表記を行うことが基本的なルールになっています。システムで名刺を発注する際に、裏面の英語表記を考えたときに多少高くなることは会社としてもコストにつながるのですが、何よりも名刺を渡す企業が国内のお取引であってもグローバルのイメージを少しでもインプットしようというのが狙いです。といってもこのコストアップは100枚プリントしても100…

TOP