名刺

サイトマップ

家庭用プリンターでの名刺作成の注意点

名刺は、家のパソコンでも簡単に作成することができます。あらかじめインストールされている、例えば年賀状作成ができるようなソフトの中にも、名刺のテンプレートがいくつかありますので、それをもとにオリジナルの名刺をデザインできます。
デザインまでは問題ないのですが、気をつけなければならないのは、印刷です。 プリンターには大きく分けてインクジェットとレーザーの2種類の印刷方法があります。家庭用のプリンターはインクジェットと呼ばれる液体のインクを紙に吹き付ける方法の印刷が多いのですが、このインクジェットは2種類のインクがあり、文字を印刷する黒は顔料インク、カラーは染料インクが使われています。
気をつけなければならないことの1つはこの染料インクで、染料インクは水ににじみやすいので、コップの水がこぼれたり、雨に濡れたりすればせっかくの名刺が台無しになってしまいます。ですからきちんとした名刺には向きません。イベントや交流会など、個人で楽しむ程度の名刺ならよいでしょう。
2つ目に気をつけなければならないのは、印刷用紙です。名刺用紙と言っても、メーカーによって様々な種類の紙が売られていて、値段も様々です。高ければ良い、という訳ではありませんが、添え紙のついた少し高級な用紙の方が、ミシン目の切り口が綺麗にはがれて本物に近い仕上がりになります。 パソコンでデザインを作成し、印刷屋さんに発注する方法もありますから、家庭用プリンターでの名刺作成は、用途や用紙に注意して行いましょう。

個人の名刺は名刺印刷業者の利用が便利

会社勤めの方なら持っていることの多い名刺ですが、フリーランスの方にとっても情報を効率的に伝えることができるアイテムとして最近注目されています。 しかし会社に努めている方の名刺と違い、フリーランスの方の名刺には決まったひな型が存在しません。 デザイン系のお仕事をされている方なら自身で作成するという方法もありますが、それ以外の業種の方にとって名刺のデザインに困ることが少なくないでしょう。…

名刺の英語表記について

私の会社では国内の業務であろうとも今は、名刺の裏面には英語表記を行うことが基本的なルールになっています。システムで名刺を発注する際に、裏面の英語表記を考えたときに多少高くなることは会社としてもコストにつながるのですが、何よりも名刺を渡す企業が国内のお取引であってもグローバルのイメージを少しでもインプットしようというのが狙いです。といってもこのコストアップは100枚プリントしても100…

TOP